留学も旅行もこれだけは覚えよう! インドネシア語 〜重要単語yangの使い方をマスターする〜

こんにちは、stellaです。

今回は、インドネシアの留学や旅行で必ず役に立つyangの使い方を解説したいと思います。

では、早速見ていきましょう!

yangの意味とは?

yangは日常会話の中でかなりの頻度で使用します。日本語にすると「〜のような」「どんな」という意味があります。

何か物や人などに対して、情報を足すときにyangを使います。

・A yang B→ BのようなA(物や人)

yangの使い方をマスターしよう!

yangを使った例文その1

私が好きな料理について説明するとき

・Saya suka makanan yang dimasak Hanako. Karena itu enak sekali.

saya:私、suka:好き、makanan:料理、yang:どんな、dimasak:料理された、karena:なぜなら、itu:それ、enak:おいしい、sekali:とても

yangを使った例文その1の解説

まずは日本語訳から

・私は花子が作った料理が好きです。なぜならそれはとても美味しいからです。

綺麗に訳すと上のようになりますが、直訳は次の通りです。

・私は料理が好きです。どんな?花子によって作られた。なぜならそれはとても美味しいからです。

直訳を読んで分かる通り、この場合のyangは”私が好きな料理”とは何か情報を足しています。

yangで足す情報は抽象的なものです。1つのものに限定してしまうと、例えば「私はライスのような料理が好きです。」とおかしな文章になってしまいます。

yangを使った例文その2

お店で服を買おうとしています。

A:Kamu mau baju yang mana?

B:baju yang merah.

kamu:あなた、mau:ほしい、baju:服、mana:どこ、merah:赤

yangを使った例文その2の解説

A:あなたはどのような服がほしいですか?

B赤い服です。

店員Aにどのような服がほしいのか聞かれました。それに対して、赤い服がほしいとあなたは思っています。

そのときyangを使い「赤のような服」という表現をします。

店員Aのyangは、たくさんある服の中から「この中のどこ(mana)のような服がほしいか」というニュアンスで使っています。

情報を足す対象が人のとき

yangは物以外に人にも使えます。

例:パーティーであなたの旦那はどの人か聞かれたとき

→ (orang) yang pakai baju puhit.

orang:人、pakai:着る、puhit:白

日本語訳すると、「白い服を着ている(ような)人です。」です。

yangの前は何もなくても伝わりますが、”私の旦那は” や “人”を加えても良いでしょう。

さまざまな使用例

人に対して

  • orang yang suka belajar bahasa Indonesia.→インドネシア語の勉強が好きな人
  • orang yang punya mobil.→車を持っている人
  • orang yang memasak nasi goreng.→ナシゴレンを作る人
  • orang yang berkacamate.→メガネをかけている人

物に対して

  • makanan yang pedas.→辛い料理
  • baju yang mahal.→高い服
  • sekolah yang seru.→楽しい学校
  • buku yang baru.→新しい本
  • kopi yang pahit.→苦いコーヒー

まとめ

yangは日常会話でたくさん使います。この単語を一つ覚えておくだけで、会話の表現の幅がかなり広がるはずです。

yangと同じくらいたくさん使う単語がajaです。別の記事で解説しているので合わせて読んでみてください。

ajaの使い方をマスターしよう!

これから留学する人、旅行へ行く人もyangを使ってみてくださいね。

ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です